★ナイロンハーフケース&ナイロンサコッシュ&ナイロンベルト試作

前回に引き続きナイロン素材アイテムを試作中。


★ナイロンハーフケース
素材は撥水効果のあるナイロンで、ファスナーなアクアガードのレッド。
小ぶりなカラビナとナイロンロープで構成してみました。







日々増え続けてしまうカードやポイントカードなどを収納できる
少し大きめな財布としても利用できます。
さらにスマホなども余裕で収納できるので、外出時にはこれひとつで済みます。



★ナイロンサコッシュ
こちらはハーフケースよりも少し大きめで、細めのナイロンベルトを装備してみました。
こちらもファスナーはアクアガード。
外側に2つのポケットを備えてみました。






※以下は素材とカラーを変えた外側ポケットなしのバージョン





どちらも一般的なサコッシュよりは小ぶりですが、仕様や素材や形などは
今後ブラッシュアップ予定。



★ナイロンベルト
いたってシンブルなベルトです。
裏側にはオリジナルレザータグ付き。





まだまだ試作段階ではありますが、
随時リリース予定です。




ウォレットやカードケースなど様々な革小物をオーダー制作いたします!
様々なご質問にもお答えしておりますので、お気軽にお問い合わせください!



★軽量ナイロンケース

使い勝手のよいお手頃サイズのナイロンケース。
左右の取っ手は2mmのダイニーマ(一部通常ナイロンザイル使用)。
シンプルな作りなので、布地やステッチ、ファスナーの色味の組み合わせで
一味違った雰囲気を目指します。










ウォレットやカードケースなど様々な革小物をオーダー制作いたします!
様々なご質問にもお答えしておりますので、お気軽にお問い合わせください!



★ナイロン製カードケース

ジッパー付きのナイロン製カードケース完成。
今回は練習仕様なので、薄めのナイロンですが、
本番として作成していこうと思っているのはバリスティックナイロンという
通常のナイロンよりも丈夫なものになります。



ファスナーはWALDESを使用。
両サイドのファスナーを縫い込んで、その後生地を裏側から縫い込んで完成です。



数回のやり直しを乗り越えて完成しました。
サイズ的にはカードやポイントカードなどを収納できます。








ウォレットやカードケースなど様々な革小物をオーダー制作いたします!
様々なご質問にもお答えしておりますので、お気軽にお問い合わせください!



★ミシンスキルアップのためには練習あるのみです

薄いナイロンや少し厚めのバリスティックナイロンやコーデュラなどの生地で
制作するために必要なミシンスキルを上げるには練習あるのみ。
ということでまずは生地の端のほつれ防止、三つ巻き縫いを黙々と練習。



ミシンの押さえにはいくつかのアタッチメントがあります。
ファスナー用の押さえ、厚物用の押さえなどなど…
もちろん三つ巻き縫い用の押さえもあります。

三つ巻き縫い用の押さえには、生地を丸めて送っていけるような、
細工がされてて、縫い込んでいくと自然と巻き込まれていき、
生地の端が生地内側に回り込みながら上から縫っていくことで
端のほつれを防ぎます。

様々な厚みや種類の異なる生地で縫い込んで、縫い込んで、を繰り返し、
生地の端がなくなってしまったら、縫い込んだ箇所を切り取りまた縫い込んで……
そんな具合で100本ノックのごとく練習に打ち込みます。

JUKIの職業用ミシンなのでパワーはあるし、縫い目もしっかりしていて
非常に綺麗な仕上がりなのでうまくいくとテンション上がります。

手縫も大変ですが、機械縫いもテクニック・スキル・知識などを
必要とするのでとても奥が深くはまります。




ウォレットやカードケースなど様々な革小物をオーダー制作いたします!
様々なご質問にもお答えしておりますので、お気軽にお問い合わせください!



★初めてのデザイン

年末恒例の掃除をしているとボーイスカウト時代のワッペンがたくさん出てきました。
様々な訓練や地区行事に参加するごとに増えていったワッペンなのですが、
写真一番手前にあるワッペン。これはおそらく自分は初めて依頼を受けて
「デザイン」したものだと思います。
シニアスカウトの時に行った「50kmウォーク」の時のワッペンなので、
高校2年生くらいだったと思います。
すっかり忘れてしまっていますが、月と星と山をモチーフにしているので、
おそらくこれは夜間ハイクといって夜中に歩く企画だったのではないかと思います。

今デザインという仕事をしているわけですが、当時はデザインなんてなにもわからず、
無我夢中に手書きで版下を作った気がしますが、デザインを任せてくれた当時の大人の方に
感謝していますし、そんな経験をさせてもらったから今があるかもしれませんね。





.............................................................................................................................................
シーカヤック自作します!!
すべての行程を紹介したり、さまざまなアクティビティなども随時紹介していきます。
HP:http://rower-fellows.com/
blog:http://blog.rower-fellows.com/


★エルメス「レザー・フォーエバー」& Julian OPIE「Street Portraits」

上野で開催されている特別エキシビション エルメス「レザー・フォーエバー」へ。
エルメスの鞄やブーツ、ステーショナリや歴代バックなど、
普段なかなかじっくりと見ることができないものが見れたり、
エルメスの職人の方が実演しているところを見れたり……
明らかに場違いな感じではありましたが、非常に勉強になりました。

しかもこんなに盛り沢山なのになんと入場無料!
サイトにアップしている入場券をスマホの画面に表示させてみせるのですが、
並んでいたら他の方々は招待状のようなものを見せていました。
おそらく本来はエルメスの顧客に対してのエキシビジョンではあるが、
一般の方々でも見ることができるような配慮なのでしょう。

今後エルメスのバッグや財布を購入することはないと思うので、
職人技が光る巧みの逸品をじっくり眺める機会を設けてくれることは嬉しいです。

12月23日(火・祝)まで、東京国立博物館 表慶館(東京都・上野公園内)で開催しています!
特別エキシビション エルメス「レザー・フォーエバー」


▲実はすごくコンパクトなハンドバック。仕上げなどをじっくり鑑賞できました


▲エルメスのリストバンド。年代もののようです


▲ステッチや仕上げが職人技!


▲他の鑑賞者とは明らかに異なる部分に目がいってしまいます


その後、谷中の「SCAI THE BATHHOUSE」で開催されている
「Julian OPIE「Street Portraits」を見に行きます。
ギャラリー散策なんて久しぶりでしたが、
凛とした空間に身を投じているだけで気持ちがいいもんです。




▲外からこっそり。賑わってます

2015年はもう少しギャラリーへ足を運ぶくらいの
余裕やゆとりを確保したいものです。

.............................................................................................................................................
シーカヤック自作します!!
すべての行程を紹介したり、さまざまなアクティビティなども随時紹介していきます。
HP:http://rower-fellows.com/
blog:http://blog.rower-fellows.com/


★ROWER & FELLOWS始動します!!





このたび、シーカヤックを自作することにしました!
すべての行程を紹介したり、さまざまなアクティビティなども随時紹介していきます。
HP:http://rower-fellows.com/
blog:http://blog.rower-fellows.com/




★New project準備開始!

今回heads-leatherとは全く別の新プロジェクト始動します。
詳細はすべての条件と詳細が確定したら、正式リリース予定。
まずは予告編として…


















★フォールディングナイフ制作Vol.03

すべての工程が完了して完成しました。
ハンドル部分には定期的のリンシードオイルを入れて
馴染ませていきます。




▲【ヒロ】ヒロ・フォールディング・ナイフ
ブレード素材:日立銀紙1号鋼
ハンドル素材:カリンのコブ・ハンドル




▲【G.SAKAI】G・サカイ ニューレガシー・フォールディングナイフ
ブレード素材:VG-1号割込鋼
ブレード形状:ユーティリティー
ハンドル素材:ウッド・ハンドル

現在それぞれのケースを製作中。
こちらは裁断をした後に、日にさらして焼き入れ中。



【Heads Leatherのサイトがリニューアル!】


★フォールディングナイフ制作Vol.02

ブレード部分のかしめを終えた後は、バイスでナイフを固定して、
ウッドのハンドル部分のピンを削り取っていきます。
電動ルーターで大きく削り、その後は布ヤスリでウッドごと削ります。





全てのピンを削り取った後は、ハンドルウッドの耐候性を得るためリンシードオイルを入れます。

リンシードオイルとは、植物性の乾性油で,油絵などで使用するもので、
乾燥が早く、固着力・皮膜強度に優れているそうです。数回に分けてオイルを入れて完成予定です。






その間に、もう一つのナイフ製作に取りかかります。
こちらも岐阜にある、石川刃物製作所(岐阜・関)が展開しているHIRO Original。


▲【ヒロ】ヒロ・フォールディング・ナイフ
ブレード素材:日立銀紙1号鋼
ハンドル素材:カリンのコブ・ハンドル
こちらは購入時に刃がついていなかったのですが、本社の送って刃付けをしてもらいました。



こちらのフォールディングナイフの機構も【G.SAKAI】と同様ですが、
ハンドルのエンドの方にあるバネの役割をする箇所は2重になっています。
組み上げ後に手が届かなくなってしまう箇所は仮組段階で入念にヤスリがけしておきます。
何度か開閉をしてみて、スムーズになるよう余分な箇所は滑らかに削ったりして調整を行います。

前回同様、アルミ缶で作ったスペーサーを間に挟んで、ブレード部分をゆっくりとかしめていきます。



次回はピンと全体の研磨を行い、オイルを入れて完成する予定です。
その後は専用ケースの製作に入ります。


【Heads Leatherのサイトがリニューアル!】